マイニングでのビットコインの入手 - ビットコイン入手ガイド

menu
HOME » ビットコインガイド » マイニングでのビットコインの入手

マイニングでのビットコインの入手

ビットコインを入手したいとき、よく言われるのがマイニングです。
これでも確かに仮想通貨を得られるのですが、このマイニングとはいったいなんでしょうか?
これはこの仮想通貨の運営に必要なタスクになります。
これをやると、報酬としてビットコインをもらえます。

なぜこのようなタスクと報酬があるのかというと、ビットコインにはこれを独占的に管理している団体も組織もないからです。
円やドルなど、現実に出回っている貨幣の場合、これは中央銀行が管理しています。
その貨幣の運営に必要なタスクなども原則としてその中央銀行が担当するため、普段その貨幣を使っている一般人が、まるでアルバイトのようにその運営タスクを手伝うといった機会はありません。

しかしビットコインの場合、中央銀行といった団体も組織もなく、これは参加している全員で運営しているような形になります。
中央銀行といった組織が一方的にその貨幣のシステムを調整したり、変更したりできない代わりに、責任を持ってその貨幣の運営タスクをすべてやってくれる組織や団体もいないのです。
そしてビットコインはすべての取引記録を一つの帳簿にまとめるといったタスクが必要になるため、誰かがこれをやらないといけません。

それを誰がやるのかというと、有志のメンバーがその作業を請け負っているのです。
これらタスクのことをマイニングといいます。
まるでボランティアですが、このタスクをこなした人には新規のビットコインが発行されますから、アルバイトのような感覚でこなせます。
ビットコインを入手する方法の一つになりますが、実際にこれをやる機会は少ないのが実情です。

マイニングはその作業内容が非常に高度で、高性能なPCをフル稼働できる環境が必要になるなど、誰でも気軽にできるアルバイトといった内容にはならないのです。
また、このマイニングでビットコインを得るためには、ただ参加するだけではいけません。
同じように参加しているメンバーが他にもたくさんいますから、その人たちよりも早く、正確にマイニング作業を終えないといけないのです。

実はこのマイニングでビットコインの発行が行われるのは、そのタスクを一番最初に終わらせ、問題等もなかった人だけになります。
二番目以降にこのタスクを終えた人には、ビットコインの発行は特にありません。
つまりビットコインが手に入らないのです。
このようなことから、マイニングはこれを専門にやっている企業などがやっていることが多いです。
そのような入手法になることはよく確認しておくといいでしょう。