ビットコインの入手単位 - ビットコイン入手ガイド

menu
HOME » ビットコインガイド » ビットコインの入手単位

ビットコインの入手単位

ビットコインを入手する前には、入手単位のことも知っておきたいですよね。
最低どれくらいの単位でビットコインは入手できるのでしょうか?
これはかなり細かい単位から購入できるため、あまり高額な予算がなくてもビットコインの入手はできます。

まずビットコインの単位ですが、BTCという単位になります。
BTCはビットコインの頭文字ですから、そのままですね。
1BTCで、ビットコインを1つ入手したことになります。

これが最低単位になりそうですが、実はもっと小さい単位で入手できます。
たとえば0.1BTCという単位でもOKですし、さらに小さく0.01BTCという単位で入手してもOKです。
1BTC以下ではあまり価値がなさそうに見えるかもしれませんが、実際には0.1BTC以下でも十分な価値があります。

ビットコインと円のレートですが、1BTCは現在100万円以上に相当します。
ビットコインは現状かなり高騰しており、1BTC買うだけでも、少し高額な出費となるのが普通です。
そのため、もう少し手軽にこれを入手したいなら、レートは動かせませんから購入するBTCの単位を小さくするのが基本です。

たとえば0.001BTCで入手したとき、その価値を日本円に直すと1800円ほどになります。
これなら個人でも気軽に購入できるレベルですよね。
まだお金を出せると思うなら、0.1〜0.01BTCくらいで入手を考えてみるのもいいでしょう。
これくらいのビットコインを日本円に直すと、18〜1.8万円ほどになります。
ビットコインの購入単位を大きくするほど値段も高くなりますが、0.1BTC以下なら、個人でも気軽に購入できる単位になるでしょう。

このようにビットコインは比較的小さい単位でも購入できますが、どれくらいの単位で購入されることが多いのでしょうか?
予算に余裕がある人からは1BTC以上の単位で入手されたりしますが、もう少し手軽にビットコインを始めたい人からは、0.1BTC以下のところで入手を検討されるのが一般的です。
どちらが正しいということはありません。
これは購入者の計画や予算に応じて、自由に決められます。

なお、ビットコインの取引所や販売所で決まっている最低単位は、0.001〜0.0001ほどになるのが一般的です。
最低単位が具体的にどれくらいになるかは、各取引所や販売所によって違いますが、最低でも0.0001BTC以上の購入ができるなら、どこかで入手できることが多いですね。

これら最低単位以下のところで入手はできるでしょうか?
これについては、取引所や販売所では難しいことが多いです。
あくまで個人間の取引なら、さらに小さい単位でも入手できることもありますが、あまりにも単位が小さいとビットコインとしての価値もほとんどなくなります。
最低単位としては0.0001BTCくらいを目安にするといいでしょう。