ビットコインの入手とウォレット - ビットコイン入手ガイド

menu
HOME » ビットコインガイド » ビットコインの入手とウォレット

ビットコインの入手とウォレット

普通の通貨なら入手するために特別用意するものはありませんが、ビットコインは違います。
これは仮想通貨の一つ、つまりは通貨のデータになりますから、これを入手するためにも用意すべきものがあります。
それがウォレットです。

ウォレットとは何かというと、要はビットコインを入れておくための専用の口座です。
ビットコインに使えるウォレット以外の場所で、ビットコインを保管したり、保管したものをどこかへ送金するといったことはできません。
ビットコインを貯めたり、それを誰かに売ったり、貯めたものを使ったりするためには、すべてウォレットが必要です。
この仮想通貨を入手するため、最初にやりたいのはこのウォレットの用意になるでしょう。

ウォレットについてもう少し具体的にご紹介すると、たとえばこれはPCにインストールした専用ソフトウェアだったり、WEB上で使えるサービスだったり、スマホにインストールできるアプリだったりします。
基本的なウォレットになるのは、PCにインストールしたものです。
仮想通貨は特別な資格など必要なく、誰でも入手し、活用できるもので、そのために必要なウォレットのデータも公開されています。
それをダウンロードし、インストールすれば、自分のPCにウォレットができます。
これで誰かから送られたビットコインを受け取ったり、逆に自分のウォレットから誰かのウォレットまで、ビットコインを送金することが可能です。
これをモバイルデバイスでやりたければ、スマホ用のウォレットアプリを使うと、ビットコインを持ち歩ける形になります。

ただし、これだけではそのPCやスマホが壊れるとウォレットも一緒に使えなくなりますし、大手の仲介業者がやっているビットコインの販売や取引仲介所には使えなかったりします。
そのため、最近よく使われているのが、インターネット上で作れるウォレットです。
ビットコインの販売や取引の仲介をやっている大手業者など、利用者のために専用の口座を提供していますが、これがWEB上にあるウォレットになります。

その業者のサービスにログインして使うものですから、特定のPCやスマホなどが壊れても使えるのが利点ですが、セキュリティについてはその業者に一任する形になります。
個人ではできない高度なセキュリティを施してくれる一方、WEB上にビットコインを保管している形になるため、万が一ハッキングを受けた場合は不正送金をされるリスクもあるのはデメリットですね。
このようにそれぞれメリット・デメリットがあるのですが、このようないずれかのウォレットがないと、ビットコインの入手ができません。
新規にこれを入手する方など、早めにウォレットを用意するといいでしょう。